トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

YAMAHA SG

概要

YAMAHAが1966年から使用しているエレクトリックギターの名称(型番)で、「Solid Guitar」の略。
左右対称のデザインが初めて登場したのは、1973年発売のSG-30、SG-35。現行のSGの「原点」となるモデルは、1974年11月に発売されたSG-175で、カルロス・サンタナが使用したことで世界的にも注目された。
1976年7月、SGの「完成型」ともいうべきモデル、SG-2000が発売された。サンタナとのリレーションを通じて開発された「Tクロス・ワンピースネック」や「サスティンプレート」などの技術が採用されている。以後、高中正義野呂一生といったアーチストの使用で大人気を博したSGは、普及機から高級機まで様々なヴァリエーションモデルが発売された。
1986年以降、SG-1000、2000、3000の基本的なラインナップに整理されたが、アーチストモデル、周年モデルなども発売され、未だに根強い人気があるギターである。

ラインナップ

ミュージシャン

日本人

外国人

  • Carlos Santana
  • Lee Ritenour

[ギター]

本ページは書きかけのページですので、
加筆、修正等のご協力をお願いいたします。

編集ルール等は、ガイドラインご意見掲示板等をご覧下さい。

機材,セッティング,使用楽器,使用ギター,使用ベース,使用キーボード,音楽,楽器,wiki,DB,データベース,楽器データベース,楽器DB,マニア,フリーク,音楽好き,楽器好き,コミュニティ,コミニュティ