トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

SAS-I

概要

YAMAHAが19XX年に発表したセミホロウのエレクトリックギター。
普通のセミアコと異なり、レスポール並に小さなボディが特徴。コントロールはセミアコには珍しく1ボリューム、1トーン。
フィニッシュによりネック・ボディ材が違い、AVS (アンティークバイオリンサンバースト) はバール・マホガニー、その他はバーズアイ・メイプルが採用されている。
ヘッドの形状はCASIOPEA野呂一生がデザインしたもので、現行モデルのSAS-1500とはヘッドの形状が異なる。

仕様

  • Body
    • アーチド・マホガニー (トップ&バック&サイド)、(センターブロック:マホガニー+スプルース)
  • Neck
    • マホガニー
  • Neck Joint
    • セットイン・ネック
  • Neck Scale
    • 628mm
  • Fingerboard
    • エボニー 22F (350R)
  • Nut Width
    • --
  • Tuningkeys
    • --
  • Pick Up
    • “SAH-SAIIG (Alnico V)”×2
  • Control
    • フロントボリューム、フロントトーン (バイサウンド・スイッチ)、リアボリューム、リアトーン (バイサウンド・スイッチ)
  • Switch
    • 3Pセレクタースイッチ
  • Bridge
  • Hardware Color
    • Gold
  • Finish
    • --
  • Color
    • AVS (アンティークバイオリンサンバースト)
    • シースルーブルー
    • シースルーレッド
  • Other
    • --

ミュージシャン

日本人

  • 野呂一生(AVS)
  • 玉置浩二(AVS)
  • 飛鳥 涼(CHAGE&ASKA)(AVS)

カテゴリ

[ギター]

本ページは書きかけのページですので、
加筆、修正等のご協力をお願いいたします。

編集ルール等は、ガイドラインご意見掲示板等をご覧下さい。

機材,セッティング,使用楽器,使用ギター,使用ベース,使用キーボード,音楽,楽器,wiki,DB,データベース,楽器データベース,楽器DB,マニア,フリーク,音楽好き,楽器好き,コミュニティ,コミニュティ