トップ 新規 編集 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

簡単!?惚れ薬の作り方まとめ媚薬

媚薬は、またの名を「惚れ薬」とも言い、[[シアリス 通販>http://www.edchiryouyaku.net/shiarisu20]]恋愛感情を芽生えさせるために用いられる魔女の秘法の飲料である。昔から、ワイン、水、または特定のハーブ(幻覚ハーブも含む)が原料とされ、ときには、その他の魔法の原料が加えられる。惚れ薬の歴史ははるか古代に遡る。かつては、世界中の至るところでごく一般的に用いられていた。だが、初期のキリスト教会の指導者らは、あらゆる魔術、予言、占星術、薬草学、数学分野までも威圧し、もちろん、このような愛を芽生えさせる魔法の水にも眉をひそめた。 12世紀に入ると、両シチリア国を支配していたノルマン国王ロジャー鏡い砲茲辰董惚れ薬の使用が法律上正式に禁じられた。例え効果のないものでも、媚薬はすべて悪魔の道具とみなされ、法律上禁止された。西暦紀元1181年に入り、イタリアのベネチアでは、Doge Orlo Malipierによって魔法の秘薬を全面的に禁止する政令が通過された。ヨーロッパほぼ全土においては、惚れ薬の製造及び使用を禁止する法律が公布され、投獄、拷問、ときには死刑という厳しい罰則が課せられていたにも関わらず、[[威哥王>http://www.strong-one.net/seiryokuzai-52.html]]それでも秘薬を製造する者や秘薬を使う魔術師達は後を絶たなかった。

中世に入ると、ヨーロッパほぼ全土において、惚れ薬の人気は最高に達した。'グリーモア'と呼ばれる秘薬の使用法や製造法を記載する魔術の指南書が数多く作られたのもこの頃である。好きな人の食べ物や飲み物にこっそり混ぜて、愛や性欲のとりこにするのに用いられたこれらの古代秘薬の多くには、普通では考えられないものや、様々な動物の体の一部、人間や動物の血液などの気味の悪い原料がごく一般的に用いらていた。